So-net無料ブログ作成
川田自動車ブログへようこそ!車の故障・修理・車検、その他クルマのことについて、メール又はお電話052-902-5566にてお気軽にお問い合わせ下さい。

ありえないサスペンション修理|オデッセイ(RB2) [サスペンション]

お客様からのお問合せは、・・・・・

・ハンドルを強く握っていないと左にとられる。
・後ろのほうからゴムの焼けた匂いがする。

買ったところに持ち込んで相談したところ、
「なぜこのような症状になるか解らないが、たぶんローダウンしてあるからだろう」
と、言われ、

納得できず弊社に。


確かに大型のホイールに、車高調がついていますが、そのことが原因とは考えられません。
試乗したところ、ありえないほど、ハンドルがとられます。

早速、車体を上げ、サスペンションを点検してみることに。

サスペンション修理(オデッセイ) 005.jpg
サスペンション修理(オデッセイ) 004.jpg

症状は、明らか、
左のドライブシャフトは、デフの付け根で折れ曲がっています。
フロント側から、デフのほうを見てみると、若干、デフが左に傾いているのが解ります。

なぜ、こんなことが起きるのか?

実は、この車、右のサスペンションをぶつけています。
相手が100%悪い事故だったので、修理代はかかりませんでしたが、
どうも、その時の修理方法に問題があったと考えられます。

サスペンション修理(オデッセイ) 006.jpg

サスペンションに直撃した力が、ドライブシャフトに伝わり、
そのままデフメンバー(上の画像)を曲げてしまった。
でも、サスペンションは交換したが、メンバーは修理されず、そのままになっています。

お客様は、3年ぐらい前の事故で、いまさら、そこにクレームに出す気にもなれず、
実費で修理することに。

なんとも最悪な話です。


・・それで、修理は、
デフを下し、メンバー、ブラッケット、マウント、ドライブシャフトなどを交換し、

サスペンション修理(オデッセイ) 011.jpg

最後にアライメントをとって完成。


今回のような不良整備はまれなケースです。
ほとんどの板金屋さんは、しっかり修理します。
また、見落としがあったとしても、きちんとクレームに応じてくれますのでご心配無く。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

<ブログ提供先>
株式会社川田自動車 車検整備工場
〒462-0011愛知県名古屋市北区五反田町83
フリーダイヤル 0120-142857
tel:052-902-3167
fax:052-902-3176
URL http://www.g-kawada.com
E-mail information@g-kawada.com
くるま大好き修理スタッフのBLOGはこちらから
こだわりを応援する鈑金ペイントスタッフのブログ
ブログに記載されている写真などの無断複製・無断転載を禁じます。
Copyright 2011 -KAWADA GROUP- All rights reserved.