So-net無料ブログ作成
川田自動車ブログへようこそ!車の故障・修理・車検、その他クルマのことについて、メール又はお電話052-902-5566にてお気軽にお問い合わせ下さい。

クラッチ交換|スバルインプレッサWRX(GH-GDB) [ミッション・クラッチ]

これは、スバルインプレッサ(GH-GDB)の下廻りです。


クラッチ交換(インプレッサ) 002.jpg


今日は、インプレッサWRX(GH-GDB)のクラッチ交換です。

その前にちょっとうんちく!
スバル車のクラッチ交換で気を付ける点は、クラッチレリーズベアリングが「プッシュ式」ではなく「プル式」ということ。
プッシュ式は押してクラッチを切り離し、プル式は引いて離します。
プル式の特徴は、てこの原理によりクラッチを踏む力が軽いこと。
また、エンジンからミッションを外す際、レリーズピンを抜いておかないと外れないことです。
プッシュ式に比べ、操作性は優れるが整備性は劣るということになるでしょうか。
ちなみに、プル式クラッチは、EXEDY社(エクセディ)の特許です。
スバル車に多かったプル式クラッチは、最近、他のメーカーも採用しています。


さぁ、ミッションを外し、


クラッチ交換(インプレッサ) 003.jpg


クラッチカバーとクラッチディスク、フライホイールを分解します。


クラッチ交換(インプレッサ) 004.jpg


こちらが外した、クラッチカバー、クラッチディスク、クラッチベアリング、そしてフライホイールです。
手前の右、クラッチディスクが焼けて接地面が荒れているのが良く解ります。


クラッチ交換(インプレッサ) 006.jpg


フライホイールも拡大して見てみましょう。


クラッチ交換(インプレッサ) 005.jpg


フライホイールも焼けて、歪んでいます。
このままだと、クラッチのつながりが悪く、ジャダの原因やディスクの消耗を早めますので研磨することに。
フライホイール研磨の様子はこちら!!)


研磨を終えたフライホイールはこちらです。


クラッチ交換(インプレッサ) 011.jpg


ぴかぴかつるつるです。
ちなみに、フライホイールを外すと、クランクのリアーシールがあります。
このシールは、10万キロを超えたぐらいから、エンジンオイル漏れを起こすことがありますのでついでに交換を勧めています。


クラッチ交換(インプレッサ) 009.jpg


あとは、順番に組付けるだけ。


クラッチ交換(インプレッサ) 012.jpg


エンジンの回転ばかり上がって進まない!
クラッチの滑りを感じたら、早めに交換しておきましょう。

クラッチ交換について詳しくはお気軽にお問い合わせください。
052-902-3167




nice!(0) 

nice! 0

<ブログ提供先>
株式会社川田自動車 車検整備工場
〒462-0011愛知県名古屋市北区五反田町83
フリーダイヤル 0120-142857
tel:052-902-3167
fax:052-902-3176
URL http://www.g-kawada.com
E-mail information@g-kawada.com
くるま大好き修理スタッフのBLOGはこちらから
こだわりを応援する鈑金ペイントスタッフのブログ
ブログに記載されている写真などの無断複製・無断転載を禁じます。
Copyright 2011 -KAWADA GROUP- All rights reserved.